体温  乳児期は平均37度位と体温が高く、学童以上は成人と同じ平均36.5度位 です。

           子供の体温は一定ではなく、朝は低く、昼は少し高めで0.5度位 ちがうのが
   
           普通です。また冬は低く、夏は高くなり、運動、食事、入浴などで高くなる

           こともあります。

           新生児・乳児の体温は、温度の高い環境に影響を受けやすく、体温が上昇し

           やすいので「おかしいな」と思ったら、しばらくしてもう一度測って下さい。

 

       平熱  平熱がどのくらいかを知っておきましょう。

           健康なとき、1日4回(朝・昼・夕方・寝る前)食事前の安静な状態で

           測ります。平熱より1度以上高ければ、熱があると考えてよいでしょう。

           目安としては37.5度以上です。

 

水銀計と電子体温計  水銀体温計が一番正確ですが、5分以上はさんでおくことが大切です。

           1分間ほどで測れる電子体温計はとても便利ですが、水銀計より少し

           高く(または少し低く)出ることがあります。

 

   熱の測りかた  わきの下で測るのがよいでしょう。肛門で測る場合は、わきの下より

           0.5〜1.0度ほど高くなります。首のところで測る場合は、部屋の温度の

           影響を受けることがあります。

 

    熱がでたら  1)暑すぎず寒すぎない快適な室温にして下さい。

             夏は19〜24度、冬は18〜22度くらいがよいでしょう。

             暖めすぎ、着せすぎは疲れさせます。

           2)親が不安な表情や態度を見せると、子供も不安になり緊張します。

             やさしく安心するように話しかけ、リラックスさせて下さい。

           3)氷枕などで頭を冷やすことは、子供が気に入っているようならば

             よいのですが、嫌がるようならば、大きな効果はありませんので

             やめましょう。冷やすときは、耳の下、脇、足の付け根を冷やすと

             効果的です。

 

     水分補給  熱があると水分が失われやすく、また水分が欠乏してしまうと

           それによって熱が上がることがあります。湯ざましや麦茶、子供用の

           イオン飲料などの水分を与えましょう。

 

       入浴  まる1日間、37.5度以下であれば、入浴しても構いません。

           しかしお風呂に長時間はいると体力を消耗するので避けてましょう。

           熱が高いときにはぬるま湯で体を拭いてあげると、放熱させることが

           でき、体もさっぱりするでしょう。

 

  解熱剤の使い方  ・38.5度以上で、体調が悪いときに使用して下さい。

           ・高熱でも元気で食欲があるなら、使わなくて大丈夫です。

           ・6時間以上たてば再び使ってもよいですが、1日3回くらいまでに

            しておきましょう。

           ・解熱剤は一時的なものですから、熱が下がったからと言ってお薬を

            やめないで下さい。

 

  坐薬か飲み薬か  効き目は同じですので、吐く子には坐薬を、下痢の時や坐薬が嫌いな

           子には飲み薬にするとよいでしょう。坐薬と飲み薬を同時に使っては

           いけません。

 

    危険な症状  弱々しい泣き声やうめき、うとうとして眠っているのか起きているのか

           わからない時、唇が紫色、皮膚が蒼白・灰色・まだらになっている、

           哺乳力がない、食欲がない、眼の動きがない、手足がだらりとしている

           ような時は、すぐに病院を受診して下さい。

 

 月齢別の判断基準   1才未満の赤ちゃんで、38度以上の熱があるとき……

    0〜1ヶ月  いっけん元気でも、とにかく早めに受診して下さい。 
    
    2〜3ヶ月   ミルクの飲みもよく、元気であれば慌てることはありません。

           24時間以内に受診すればよいでしょう。

    4〜5ヶ月  ミルクが飲めて機嫌もそれほど悪くなければ、翌日以降の受診で大丈夫。

           しかしあまり熱を出す月齢ではないので、翌日には受診しましょう。

    6ヶ月以降  食欲や機嫌がまあまあであれば、慌てず翌日以降にでも受診して下さい。

 

      ●発熱トップへ戻る   ●子供の病気トップへ戻る  ●HPトップへ戻る